【オメガ3系脂肪酸】って何に効くんですか?


先日、患者さんとこんな内容のお話をしました

「この前、エゴマ油が身体に良いとテレビでやっていて、スーパーに行ったら即売り切れだった」

「亜麻仁油も良いと聞いて、使っているけど何に良いかはわからない」

「オメガ3系脂肪酸って何に良いんですか?」

日本人の健康意識が高くなってきているからなのか、最近、健康情報番組がとても多いですよね。

『○○がガンにいいらしい』『膝には○○が効く』など、番組内で特集されると次の日には、即売り切れ!という光景をよく見ます。

しかし、そんな方たちは肝心の中身の部分を知っていますか?

『○○がガンに[どうして]いいらしい』『膝には○○が[なぜ]効く』など、一番重要な部分が抜けている気がします。

栄養素によっては、摂りすぎると逆に身体に害を及ぼすものもあります

表面だけを知るのでは無く、しっかり本質を理解して栄養を摂取するようにしたいですね

オメガ3系脂肪酸とは

脂肪の中には、私たちの体内で作ることができず食べ物から摂らなければならない必須脂肪酸があります。

その代表がオメガ3系とオメガ6系の脂肪酸です。

聞いたことがあるかもしれませんがオメガ3系脂肪酸には、EPA、DHA、α-リノレン酸、など、オメガ6系脂肪酸には、リノール酸、アラキドン酸などの種類があります。

この二つ、同じように見えて役割が全然違います!

血液サラサラ!血中コレステロールを下げる!オメガ3系脂肪酸。

まず、DHA・EPAはサバやイワシなどの青魚の脂に多く含まれます。

 血中のコレステロール値を下げる働きがあり、血液をサラサラにし、動脈硬化や高血圧の予防にも効果があります。

 更に、DHAには神経の伝達を活性化し、記憶力や学習能力を高める作用もあると言われています。

 EPAは炎症やアレルギーの原因となる物質を抑制する作用があるためアレルギー症状や慢性炎症など改善にも効果があります。

 DHAやEPAは主に魚類から摂取できるのに対し、α-リノレン酸は植物性の食物から摂取できます。

エゴマ油や亜麻仁油、クルミなどに多く含まれます。

α-リノレン酸は、体内に入るとEPAやDHAに変換される作用を持つ為、効果的には同様です。

摂りすぎはいかんよ!オメガ6系脂肪酸

 一般的に使われているサラダ油やごま油、マヨネーズなどに多く含まれていて、現代人では、過剰摂取されていることが多いです。   過剰に摂取することで体内で炎症反応が起きやすく、アレルギーや動脈硬化の原因になると言われています。   しかし、こちらも足りなくなると皮膚状態の悪化や肝臓・腎臓の機能の低下などを引き起こすのでバランスよく摂取することが大事になってきます。

理想の比率は2:1

オメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸の摂取は2:1が理想とされています。   しかし、今の食生活では圧倒的にオメガ3系が不足しがちです。 常に意識して、オメガ6系を摂りすぎない様、気を付ける事。  

積極的にオメガ3系が含まれる食品を摂取したり、サプリメントなどはしっかりと品質を見極めて、良質なものを摂るようにしましょう。

腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪

なる.治療院 整骨院
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます


ABOUTこの記事をかいた人

なる.整骨院の院長です(詳細な経歴)。柔道整復師・医薬品登録販売者・パーフェクトクラニオロジー協会会員。皆さんのお役に立てる情報提供をして参ります。