腕に力が入らない・指が痺れる方の治療


頚椎症と言われがちな腕から指への症状

先日ご来院された患者さん。

交通事故後

  • 腕(前腕)に力が入らない
  • 親指がしびれる

という症状で来院されました。

病院では、レントゲンを撮影し異常はない。

がしかし、頸椎の牽引と首と前腕に電気治療のリハビリに通院。変化が乏しく転院。

首には異状はない

検査をしたところ首には問題がなさそうであった。

首の可動域に問題もなく、腕から指への症状も増悪しない。お医者様もおっしゃる通り、首には原因はない。

だとすると・・・

その他の原因を探していかなければいけません。

今回は胸郭出口症候群の可能性がありました。

胸郭出口症候群の種類

  1. 斜角筋症候群
  2. 肋鎖症候群
  3. 小胸筋症候群(過外転症候群)

総称して胸郭出口症候群と言います。

胸郭出口症候群も上記の様に3つに分類されます。この3つのどこに原因があるかさらに特定していくと、なんだか見えてきそうですね。

肋骨が下がっている

診察すると、肋骨が下がっていました。肋骨が下がっていることによりおそらく神経に悪さをしていたのでしょう。

ここまでは、割と治療院でも教えてくれることは多いです。

しかし、何故肋骨が下がったのか、原因を突き止めることが一番大切です。

なぜ、肋骨が下がっている?

「多くの場合、カバンを片方の肩に掛けることが多い。買い物袋など重たい荷物を片側に掛けていることが多い。」

などが一般的に挙げられます。

どんな治療をするか??

では、次にどんな治療をするのか?を検討します。

肋骨が下がっていることにより、引っ張り縮んでいるところがあります。ここから施術すると良い結果が出やすいですね。実際にどんな施術をするかは、企業秘密ですが。

「いまひとつリハビリの結果が出ない」なんて思いながら通われている方は、セカンドオピニオンも良いかもしれません。

腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪

なる.治療院 整骨院
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます


ABOUTこの記事をかいた人

なる.整骨院の院長です。柔道整復師・医薬品登録販売者・パーフェクトクラニオロジー協会会員。皆さんのお役に立てる情報提供をして参ります。