常に肩が痛い・ストレートネックと言われた方の治療


ストレートネックによる首肩の痛み・肩の凝り?

こんにちわ

今回は、ストレートネックと診断を受けた事のあるデスクワークの女性の治療について。

『2週間前から常に肩が痛い』

Acute pain in a shoulder at the young women.

以前から肩こりはあったようですが、2週間前くらいから増悪し、今は常に痛い・・という事でした。腰痛や頭痛などにも言える事ですが『常に痛い』と言うのは、聞き流してしまうとかなり危険です。本当に、朝から晩までずっと痛いのであれば、それは内科的な要因もある可能性もあるからです。(腫瘍や内臓の疾患など)しかし、彼女の場合は「お風呂に入ると楽」「動かすと楽」など、しっかり聞いていくと「楽になる条件」がいくつかありました。

 しかし、ここで気になったのがやはり姿勢です。

 なで肩、肩は内に入り、首が前に突き出ている姿勢

ストレートネックなんていわれたこともあるそうです。しかし、本当にストレートネックの症状の方は、1割程度です。

【参考】必読ストレートネックの衝撃事実!

02_illust_pc

聞くと、1日7~8時間以上パソコンに向かっている。更に、家でも携帯をしたり、パソコンを使ったり、かなり前のめりの姿勢でいる事が多いそうです。これでは、姿勢が崩れてしまうのも納得ですよね。肩の可動域を診てみると・・挙がるには上がります。しかし、姿勢が崩れ、肩甲骨が外に行ってしまっているので真っ直ぐには挙がらない・・・

頑張っても耳より前の位置で止まってしまいます。横から挙げても、耳の横には付きません。

KYテクニックで姿勢を調整

KYテクニックで姿勢を調整しました。この方の場合は、前のめり姿勢のしすぎによる肩甲骨の外方移動などでした。

「肩こり・肩の痛みは、揉んでもよくなりません」

今回も一切肩は、触っていません。

すると・・

さっきまでは、まったく耳の横に付かなかった腕が頑張れば付くようになりました!肩の重い感じも消えているとのことです。まだ、「頑張れば」付く状態ですので、もっと楽に付くようにしていきましょうと伝え、その翌週。その方に、一週間の調子を伺うと・・?

『痛くないです、肩も軽いです』

可動域は前回の治療後と同じくらいですが、痛みはなくなったようです。今は、メンテナンスに通ってくれています。今回、一番重要だったのは、やはりしっかり患者さんのお話を聞く事。

「常に痛い」に惑わされない

患者さんからすると、いつも痛いわけですから「常に痛い」って言いたくなりますよね。しかし、それに惑わされず、痛くない・楽な時はあるか、逆にひどく痛い時はあるか、しっかりとお話を聞くこと。

当院のモットーでもある「しっかり診て、聞いて、触って」を本当に大事にしていきたいですね。ストレートネックも関係なかったですね。

腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪

なる.治療院 整骨院
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます


ABOUTこの記事をかいた人

なる.整骨院の院長です(詳細な経歴)。柔道整復師・医薬品登録販売者・パーフェクトクラニオロジー協会会員。皆さんのお役に立てる情報提供をして参ります。