サッカー中に足の甲を蹴られた

2006-06-08cisse

 

会社員でサッカーが趣味の男性。

サッカーの試合中、相手に足の甲を蹴られた。直後は、あまり痛みはなく足を着いて帰ることが出来たが、翌日、足を着くのも辛いほど痛くなってきた。来院時は、患側の足に体重を加えるのが辛く、健側で跳ねるように歩行。

圧痛はあるが、腫れはない、内出血もない

しかし、足の2・3指を底屈させると足の甲に痛み、歩行で体重がかかると痛み。怪我の初期でもあり、これから腫れ・内出血が出る可能性を考慮して、アイシングと特殊治療器(関東には当院のみ)での治療。

治療後は、まだ痛みは少し残るものの歩行するのは問題ないほどに痛みは緩解。テーピングで筋肉の補助をして、一回目の治療終了。

二回目・三回目

違和感は少し残るが、歩行は問題なくできる。足の2・3指の底屈はまだ痛い。圧痛は減っている。腫れ・内出血は出ていない。

四回目

圧痛はなくなった。

足の2・3指の底屈も違和感が少し残るのみ。

手技治療+特殊治療器での治療。

計4回の治療で、打撲が治癒しました。

怪我の重さやその方の自然治癒力にもよると思いますが、かなりのスピードです。

怪我直後にアイシングをしっかりしていればもっと治癒が早かったかも・・。

これからは怪我直後はしっかり冷やして下さいとお伝えしました。

テニス肘・ゴルフ肘足底筋膜炎オスグッドなど

当院では、腰痛治療のほかに上記症状にも力を入れており、毎月多くの方が来院され経験が豊富です。

長く無駄に通院されている方は、【横浜駅徒歩12分なる.整骨院】にご連絡ください。

※当院の数多くの症例/口コミはコチラ