2日前から手に力が入らない/ヘルニア/胸郭出口症候群

患者さん
先生、やばいかもしれない

どうしたんですか?

患者さん
手に力が入んないよ

先日、久しぶりに来院された患者さんが開口一番にそう言いました

事情を聞くと、2日前から左手に力が入りにくくなり、整形外科に行くとレントゲンを撮り、『ヘルニア』でしょうと診断され、湿布と飲み薬の痛み止めだけ処方されたそうです

これでは仕事にならないから何とかならないか、と来院されました

ガムテープを切れない・・

話を聞いていくと、手に痛みなどはなく、若干の痺れがあり、力は明らかに左の方が弱く、仕事でガムテープを切ろうとしたが切れず、仕事用の工具なども取り落としてしまう始末

首に問題はない

結果だけ言うと、今回の症状は首には関係ありませんでした

検査も陰性ですし、他にかなり悪そうなところを見つけたからです

この方、建設関係の仕事をされているのですが、ここ何週間はずっとしゃがんだ姿勢で仕事をしていたそうです

それにより姿勢の歪みがかなりありました

私が身体を持って姿勢を正した状態で手を握ってもらうと、右と同じまではいかないまでも力が入ります

この症状、以前ブログで紹介した胸郭出口症候群ではないですか!

検査でも陽性、間違いありませんね

手に力が入ってきます!!

そして、治療に入り、私がとある場所をリリースしていると・・

患者さん
先生!今、力が入ります!

それは、一見したら胸郭出口とは関係ない場所・・

しかし、実は密接に関係していて仕事の姿勢がその場所の筋を短縮させてしまっていたんですね。

2回目の治療で握力が以前と同じくらいに戻ってきているのを確認し、『これで仕事が出来る』とお言葉を頂けました(^.^)

普段の姿勢、特に仕事をされている方は仕事中の姿勢が凄く重要です

日頃からしっかり注意して、身体に良い姿勢を心掛けましょう

※その他当院での症例と口コミはコチラ♬