春は、怪我が多いのか?

皆さん、春は怪我が多い季節という自覚はありますか?ないですよね??

怪我が起きやすい原因の一つとしてまず思いあたるのが、冬の間、あまり動かないでいたために急に動いた時に起こる怪我ですね。

5047 (1)

そして次に大事なのは、暖かくなり気持ちも陽気になっていることで、新しいチャレンジや後輩が出来たりなどとついつい張り切ってしまい起こる怪我です・・・。

意外な落とし穴はここです!!あの子かわいいな~いいとこ魅せちゃおうかな・・・

35a9651a26ac17b1023a60580f06bbd3_2964

この2つを防ぐには、「冬の寒い間に固まった筋肉と関節を柔らかくする=良い状態にしておく」ことが重要です。外気温と筋肉・関節・血液・神経は、とても密に関係しています。これにより少しは張り切って運動をしても怪我をしにくくなるでしょう。

そして、陽気になり過ぎて、張り切り過ぎない、落ち着いて運動をする事ももちろん大事ですね。運動前のストレッチも「いつもと同じ時間ではなく、念入りに」行ってあげないと冬の間に硬まった筋肉と関節はなかなか動いてくれません。

環境の変化による身体の異変「社会人になる」「仕事が変わる」「住環境が変わる」といったところで、『姿勢と気持ちの変化』による身体の異常が起きる事が多い様です。

肉体的な面だけでなく精神的な面からも影響がありそうですよ。

肉体的な面での予防としては、同じ姿勢をし続けない」これに尽きます。空いた時間に正しい姿勢に近づける事を繰り返し継続的にやっていきましょ~

『継続は力なり』

当院は、腰痛治療専門と思われがちですが痛くない時でも来院は可能です。

メンテナンスこそ最強の予防です!

【参考】

身体のメンテナンスをしたい方へ