年齢と共にお体に不安・お悩みがある方へ

健康寿命

『健康寿命』という言葉はご存知でしょうか?

健康寿命とは健康上問題がなく、自立した状態で日常生活を送ることが出来る期間のことです。平均寿命と健康寿命との間には差があることが多く、男性で約9年、女性で約13年と言われています。年齢を重ねるとともに体力や筋力の衰え腰痛、肩こり、膝の痛みなどを感じる方は多いのではないでしょうか?

痛みがあると趣味なども満足に楽しむことも出来ず、お身体に対する不安で外に出るのも億劫に……そうすると健康寿命が短くなってしまう可能性が高くなってしまいます。当院ではお身体のメンテナンスをさせていただくことで皆様の健康寿命を延ばすお手伝いをさせていただきます。

そこで今回は日常生活での注意点やポイントをまとめてみました。

ロコモティブシンドローム

健康寿命を延ばすためには『ロコモティブシンドローム』(通称 ロコモ)の予防が必要となります。ロコモとは骨・関節・筋肉などの運動器に障害が起き「立つ」「歩く」といった動作の機能が低下してしまっている状態です。これが進行していくと日常生活にも支障をきたし、「要介護」や「寝たきり」の状態につながってしまいます。ロコモの予防には日常的な運動習慣が必要となります。そこで今回はロコモを予防する体操とストレッチ法をご紹介します。

【軽めの体操】

【ストレッチ】

※ゆっくりと呼吸しながら無理のない範囲で行って下さい

生活動作での注意点

日常の何気ない動作が姿勢不良や痛みの原因となっていることが多くみられます。

たとえば座っているときにもいくつか注意点があります。

[良くない座り方]

・背中が丸くなる

・脚をずっと組んでいる

・片肘をついている

・イスと机の高さがあっていない

[良い座り方]

・アゴをを引き背中を伸ばす

・お腹を軽くひっこめる意識

・足裏全体を床につける

・膝は90°ぐらいに曲げておく

・お尻が背もたれにつくように深く座る

良くない座り方をしていると姿勢不良や骨盤の歪みの原因となり、結果、腰を痛めてしまうこともあります。その他、立つ・歩く・しゃがむなどの日常動作でも姿勢などに気を付けることが必要です。

姿勢を正す

姿勢を正すとどんな効果/メリットがある!?

姿勢を正すことで痛みの出にくいお身体にすることが出来ます。詳しくは上のページをご覧ください。

メンテナンスの重要性

お身体を定期的にメンテナンスすることで現在のお身体の状態を正確に把握することができます。

そうすると日常での注意点やケア方法も知ることができ、あなたの健康寿命は必ず伸びることでしょう。また既にどこか痛みのある方もメンテナンスで原因を把握し、治療をしていくことで早期改善の可能性もあります

我々『身体のプロ』と一緒にいつまでも元気な生活を目指しましょう!!