筋肉痛は遅れてやってくる!?

こんにちは。本日も当院のブログをご覧いただきありがとうございます。朝晩の気温が徐々に下がってきた今日この頃、体調の変化や風邪には十分にお気をつけくださいね。

さて、今回は皆さんも絶対になった事のある

「筋肉痛」についてお書きしたいと思います。来られている患者さんに良く聞かれる質問として

「筋肉痛が遅れてくるという事はもう年なの?」

「筋肉痛が運動して3日後に来たんだけど加齢なの?」なんてことを聞かれます。

恐らくは誰でも経験したことある筋肉痛ですがこの筋肉痛自体、ちゃんと分かっていない方が多いので、筋肉痛とは何ぞやという事をしっかり学んでいただいて、楽しい「筋肉痛ライフ」を満喫してください(笑)

1.そもそも筋肉痛ってなんで起こるの?

そもそも筋肉痛ってなんで起こるのでしょうか。主に3つの原因から見てみましょう

・筋繊維の損傷

筋肉が各スポーツなどで繰り返し使われることで小さな断裂を起こしそこに炎症が生まれます。

高い負荷を加えれば加えるほど筋肉の損傷は激しくなり、また、運動中に損傷されることから即時性の筋肉痛なんて呼ばれることもあります。

・疲労物質の蓄積

繰り返し使われた身体には必ず疲労物質が蓄積されます。その疲労物質が痛みを引き起こす原因の一つともいわれています。

※よく聞く乳酸というのは身体に蓄積されません

その代わり身体に蓄積されるのはタンパク質の一種と言われています

 →乳酸は疲労物質ではない

にも書いてありますのでぜひご一読ください

・筋肉が修復する際の炎症

筋肉が修復される過程で必ず分解されてから新しい筋繊維が合成されます。そのときに発生する「プロスタグランジン」や「ブラジキニン」などの物質が痛みを引き起こしていると考えられています。

※この筋肉が一度分解されて起こる痛みが主に筋肉痛が遅れてやってくる

原因だと言われています(遅発性筋肉痛)

簡単に言うと、運動後にすぐに筋肉の痛みが出ている場合は→筋繊維の微小な断裂と疲労物質。2日後くらいから痛みが出ている場合は→回復のための炎症ということになります。ですので、筋肉痛が遅れてきた場合は回復のための炎症のせいで起こっているものだと理解してください。

※この期間以上に痛みが残っている場合や明らかに

日常生活に支障が出る痛みが残っている場合は他のケガを疑ってもいいと思います

2.筋肉痛が遅れてくる理由は?

もう少し筋肉痛が遅くやってくる理由について紐解いていきましょう。

先ほどの記述で、2日後くらいに起こる筋肉痛が「筋肉を回復させるための炎症」だという事を書きました。ということは、筋肉にしっかりと負荷を掛けて筋繊維を思いっきり。損傷させることが出来ていれば、筋肉痛はすぐにやってきます。

もうお分かりですよね?つまり、筋肉痛が遅れてやってくるという事は身体をしっかり追い込めておらず、筋肉にとって半端な負荷しか与えられていなかったということです。

同じ種目で、20歳のころの自分と40歳の自分が同じ運動量で運動したとしても、どうしたって動きに甘さが出てしまうのが40歳の身体です・・・

それが筋肉痛が遅れてくる本当の原因です!

40歳の人でも20歳の人のようにしっかり身体を使って追い込めたとしたら、筋肉痛はすぐにやってきます。ただし、あまり身体を追い込みすぎると怪我の元になる事も十分に考えて運動しなければいけません。

3.年齢のせいというのは勘違いです

上記の事を踏まえると、「歳をとると筋肉痛が遅れてくる」というのは勘違いだったことがよく分かると思います。

もちろん何をするにも本人は全力でやっているつもりです。ただ、歳を取ったり、その競技自体に長いブランクがあったり、ましてや社会人になって運動する機会がめっきり減ってしまったりと運動のパフォーマンス自体が落ちてしまうことは否めません・・・・

「それまでは筋肉痛が出ないくらいのレベルの運動」

だったのが、

「筋肉自体の損傷と分解、回復が必要になるくらいのレベルの運動」になってしまうので、筋肉痛が遅れてやってくるわけです。実際の研究では20代の男性と60代の男性とで筋肉痛の出方などを計測したところ、同じ体力レベルの方が同じ運動をしても筋肉痛の出方や回復スピードに差異はないという事まで分かってきています。

日常で身体を使っていない人と運動をしている人では、普段にどれだけ筋肉を使っているかによって変わってきますので普段から運動を心がけている人よりは運動していない人の方が筋肉痛は遅くやってくる可能性が非常に高いです。

 

最後に

実際の筋肉痛のメカニズムは現代の医学でも解明しきれていないと言われています。しかし、分かってきていることも多くありますので、正しく理解して、運動の食わず嫌いにならない様にしないといけません。

各都道府県でも、運動は長生きするためには必ず必要だという観点から市町村単位で運動習慣を啓蒙しているそうです。

筋肉痛が年齢のせいで遅くやってくる:ある意味では当てはまるかもしれませんが基本的には誰にでも何歳でも運動強度次第で遅れてくる場合はあるということです。

なので、年齢のせいだけではありませんのでご安心ください(笑)

また、普段から運動を心がけていないもしくは、何かの怪我明けで運動からしばらく遠ざかっていた方は久しぶりに身体を使うと必ずと言っていいほど筋肉痛になると思います。

だからと言って、

「筋肉痛嫌だから運動辞めちゃおう」

とか、

「筋肉痛が来るという事は運動に向いていないんだ」

などとは思わないでくださいね。筋肉痛が起こるメカニズムを正しく理解することで運動嫌いなあなたも運動好きなあなたもより一層、健康に向けての「運動」することの喜びと身体の健康維持のお役に立てればと願っております。

また、当院では身体のメンテナンスという意味で各種スポーツ(プロ、アマ問わず)その競技特性に合ったメンテンナンスプログラムを行っております。身体のケアから、運動指導、ストレッチまで幅広くサポートしていますので

  • 「これから運動を始めようかなとお考えの方」
  • 「筋トレしているけどなかなか効率よくトレーニングできないと感じている方」
  • 「各種スポーツでもっとパフォーマンスを上げたい方」
  • 「運動は嫌いだけど身体が痛くなるのは嫌な方」
  • 「仕事でいつも同じ姿勢ばかり取って慢性的に体が痛い方」

是非ご相談下さい!!

メンテナンス2

身体のメンテナンスについてはコチラをクリックしてください