筋緊張性頭痛と片頭痛と危険な頭痛/肩こり


こんにちわ

皆さん知っていますか?今日は38年振りに満月のクリスマスらしいですよ~

次の満月のクリスマスは19年後。

今夜は気が向いたら夜空を見てみてください(^.^)

比較的暖かいですが、夜はしっかり厚着をして出かけるようにしましょう

さて、ここ2.3日は暖かい日が続いていますが、その前はとても寒かったですよね?

こう寒暖差が激しいと偏頭痛や筋緊張性頭痛などが起こりやすくなります

今回は、あまり知られていない、そんな頭痛の種類や対処法についてお話します

寒暖差やストレス、肩こりなどで発生しやすい頭痛には主に2種類あります

頭痛

①筋緊張性頭痛

~痛み方~

頭の周りを締め付けるような・後頭部を引っ張られるような痛み

~原因~

首や肩の過緊張による頭痛

冷えや長時間のデスクワーク等でなりやすい

※対処法※

首や肩の温熱、入浴で楽になる

※冷やすと首・肩の緊張が増し、より痛みが強くなる場合があります

②片頭痛

~痛み方~

片側性の拍動性の痛み(ドクドクと脈打つような痛み)

頭痛になる前兆が起こる場合がある

・閃輝暗点(目の前が光でチカチカする・視界の一部が欠ける等)

~原因~

詳しくは今だ解明されていないのですが、

ストレスなどの刺激によりホルモンが放出され、それによって頭痛が起こるという説と

冷えや気圧の変化等で神経が過敏になり、それによって血管を拡張させ、頭痛が起こる説

があります

※対処法

こめかみを押さえる、冷やす事で楽になることが多いです

※入浴・温める事は逆に痛みを悪化させます


 

以上が、寒暖差やストレスが引き金となって起きやすい頭痛です

※こんな頭痛は危険!※

頭痛の中でも、下に挙げるような症状は危険です

一時的な頭痛ではない可能性があるので注意しましょう

● 頭をバットで殴られたような痛み、さらに、吐き気や嘔吐を伴う症状。

[くも膜下出血]

● 頭全体、特に後頭部が強く痛み、うなじが硬くなって、体を動かすと痛みが増す。そして、38~39℃の熱がでるような症状。

[髄膜炎]

 頭全体や一部分の重い感じや鈍痛が徐々に悪化していき、吐き気がないのに突然吐くような症状。

[脳腫瘍]

● 思い返すと1~2ヶ月前に頭を強く打った覚えがあり、頭痛のほかに手足の麻痺や尿失禁などがあるような症状。

[慢性硬膜下血腫]

この時期は、外出時にしっかり防寒着を着て、室内と屋外の体感気温差を減らすようにしましょう(*^_^*)

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます