膝半月板損傷(内側・外側)症状・原因・治療法の解説


膝半月板損傷

半月板損傷は膝において比較的多く発生するスポーツ外傷の1つです。多くはスポーツ中の外力や繰り返し動作よるストレスによって起こりますが、加齢によって半月板が変性し引き起こされる場合もあります。

半月板とは?

半月板とは膝関節を構成している大腿骨と脛骨の間に存在する軟骨組織で外側・内側にそれぞれ位置しています。大きな役割としては衝撃吸収のクッション膝が円滑に動く為のスタビライザーの2つが挙げられます。左右2枚の半月板はそれぞれ形が異なり、内側が大きく外側が小さいです。また半月板の中には部分的に血管が分布していますが、内側半月板の一部には血管が全くない為自己治癒能力がほとんどありません。なのでこの場所に損傷・断裂が起こってしまうと放っておいても自然に再生することは望めないでしょう。また、半月板には痛みを感じる神経:痛覚はないのをご存知ですか?実は痛覚がないそうです。だとすると痛みを感じているのはその周りの軟部組織なのかもしれません。

原因

原因としてはスポーツの動作によって引き起こされるケース、または加齢によって変性した半月板に軽微な外力が加わって起きるケースが挙げられます。スポーツ中においてはジャンプの着地時など膝が曲がった状態で回旋(捻り)が加わることで発生します。また繰り返しの動作による摩耗が原因となることもあります。

〇スポーツ中に発生する例

  • ラグビーなどで横からタックルを受けた
  • ジャンプの着地やターンで膝が過度に内側に入ってしまった
  • 足を滑らせてしまった
  • 平泳ぎやランニングなどの反復動作

【ニーイントゥーアウト・ニーアウトトゥーイン】

ニーイントゥーアウト(写真左)はX脚とも呼ばれ、膝を曲げた際に膝が足部よりも内側に入ってしまう状態のことです。この場合外側の半月板にストレスが加わります。また前十字靭帯や内側側副靭帯も損傷しやすい環境なので注意が必要です。

ニーアウトトゥーイン(写真右)はO脚とも呼ばれ、膝を曲げる動きで膝が足部よりも外側に開いてしまう状態のことです。この場合は内側の半月板にストレスが加わります。

症状

スポーツ中など1回の外力によって受傷した直後、つまり急性期は主に痛みが主症状となります。また痛みと共に膝を曲げ伸ばしした際にキャッチングと呼ばれる引っかかり感、全く曲げ伸ばしが出来なくなってしまうロッキングという症状を引き起こすこともあります。その場合激痛と可動域制限を伴い歩行が出来なくなってしまうケースも見られます。

慢性化すると関節内で炎症を引き起こし、水腫や血腫(膝に水や血が溜まってしまう)が出現します。さらにそのままの状態で生活していると関節軟骨の損傷や将来的には変形性膝関節症の原因となってしまうこともあります。

また半月板損傷は単独での損傷よりも、前十字靭帯損傷や内側側副靭帯損傷との併発が多く関節軟骨の損傷を伴う場合もあります。逆に先に前十字靭帯損傷をしてしまった後、関節不安定性が残ってしまいそれが要因となって半月板を損傷してしまうパターンもあります。

治療法

半月板損傷の治療は、ほとんどが保存療法で行われますが、しかし強い痛みが続いていたり、ロッキングや半月板損傷を繰り返している場合には手術を行うこともあります。また半月板には前述の通り、血流のある個所とない箇所があるため損傷・断裂している場所によっても治療法が異なります。

基本的には靭帯損傷や関節軟骨損傷との合併がない限り、まずは保存療法から行っていくことをおすすめ致します。

➊ 保存療法

  • 包帯固定
  • サポーター
  • テーピング
  • 電気治療
  • 温熱療法
  • 運動療法
  • ヒアルロン酸注射

❷ 手術

手術法は関節鏡を用いた切除術と縫合術が挙げられます。以前は切除術が主に行われていましたが、クッションの役割を果たしている半月板を取り除いてしまうことで時間の経過と共に関節軟骨が痛んでしまうことから、現在は温存することを目的とした方法が多く用いられています。切除術を行う場合も全切除は避け最小限の範囲の切除に留めることが好ましいです。

当院での治療法

 特殊治療器/立体動態波/3D微弱電流/超音波/ハイボルテージ

トップアスリートも使用している治療器を使い、痛みの緩和、炎症・腫脹の抑制、組織の回復促進を図ります。それぞれのモードを組み合わせる事で段階に合った治療を行うことが可能です。

❷ 関節・バランス調整

関節の可動域の低下やバランスの崩れが半月板損傷の要因となっている場合、問題のある個所に対しての調整も行います。また半月板損傷によって二次的に起きたバランスの崩れに対してもアプローチすることで他のケガの予防対策としても有効です。

❸ 運動指導・動作改善

半月板損傷による筋力低下や動作不良に対しても1人1人症状に合わせたプログラムを作り指導していきます。競技復帰を希望されている場合はその競技特性を踏まえたうえで行っていきます。

 

※場合によっては整形外科などで事前または後日にMRI検査をお勧めすることもございます。

最後に

半月板損傷は基本的には保存療法から行うべきかと思います。しかし断裂箇所や靭帯損傷などの合併症がある場合には手術を行った方がよいケースもあります。

またスポーツ中に受傷し競技復帰を目指す方はしっかりと治療・リハビリを行わないと他のケガに繋がってしまうおそれや本来のフォームを崩してしまうことがありますのでくれぐれもご注意下さいね。

膝の半月板損傷でお困りの方は【横浜駅徒歩12分:なる.整骨院】へご相談ください。

腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪

なる.治療院 整骨院
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます