ブロック注射とは

「整形外科や病院でブロック注射を打ってもらった」と耳にする事があると思います。そんなブロック注射の事、みなさんはどれ位理解されていますか?一般的には痛みを感じている神経や軟部組織に麻酔剤や抗炎症剤(ステロイド)を注射し痛みを和らげる作用があるといわれています。「痛みを一時的に止めるための注射」と思っている方も多いと思います。

しかしブロック注射に一番期待する本当の効果は、「血流の改善によって細胞の修復を促す事」と言われています。ブロック注射により交感神経を抑制→血管拡張→血流増加→細胞の修復促進→痛みの軽減につながります。

これらの作用に基づいて「痛みの悪循環を遮断する」ことを期待します。

種類

・トリガーポイント注射

トリガーポイント(痛みに関連する筋肉、圧痛点)に直接局所麻酔薬や鎮痛薬などを注射をする方法です。皮膚から浅い部分に注射を打つのでリスクが少ないです。トリガーポイントとは、圧に対する感度が局所的に高い、過刺激性のポイントで、身体の他の部位に症状(通常は疼痛)を引き起こします。トリガーポイントは、筋肉、筋膜、骨膜、靭帯、皮膚などの身体の軟部組織に存在することが多いと言われています。一般的には、潜在性と活動性のトリガーポイントに分類され、潜在性は、圧迫されない限り局所的な痛みや関連痛を引き起こさないのに対し、活動性トリガーポイントは圧迫されなくても局所的な痛みや関連痛を引き起こします。どこも痛くなくても潜在性トリガーポイントがある場合が殆どですので活動性に変わらない様に日常的に身体のケアをしていく事をお勧めします。

・硬膜外ブロック

脊髄を覆う「硬膜」の外側にある「硬膜外腔」に麻酔薬を入れて、神経の炎症を抑える方法です。脊柱管内に注射を打ち広範囲に作用させます。痛みの出所が神経根でも椎間板でも効果が期待できます。ですがブロックが効いても原因部分の特定は難しいと言われています。また、硬膜外ブロック注射により劇的に改善された方は少ないようにも感じます。

・神経根ブロック

炎症がおきている神経に直接薬剤を入れる方法です。硬膜外ブロックと比べると直接注入できる神経根ブロックの方が効果が期待されます。ですが深い場所に打つため造影剤を使用し、レントゲンで体の中を見ながら行う事になっているので外来で行う事は難しいです。しかも造影剤注入時には、神経に触れる感覚により激痛を伴いますし、神経を傷つける可能性もあります。他の注射と比べて料金も高くリスクもあるため、痛みの強い人が主に打つことが多いです。その原因が神経根にあるのであれば、正確に当たると劇的な効果が望まれる事があるかと思います。

・星状神経節ブロック

星状神経節という交感神経の節に麻酔薬を注射して、交感神経の機能を一時的に抑える方法です。神経の緊張を抑制し、上半身の血流を促進することで痛みを和らげたり、組織の回復を促します。頸部前面の深層に位置するので、注射を打つのは少し抵抗がある方も多いようです。熟練した医師に打ってもらう事が望ましいでしょう。

ブロック注射のメリット

ブロック注射を打つことで痛みの緩和が期待できます(個人差あります)。痛いと身体は緊張します。この緊張でさらに筋肉を硬くし血行を悪くし、そして症状の悪化という悪循環になってしまいます。この流れを断ち切るためにもブロック注射は最適です。ブロック注射を打つことで痛みで緊張した神経の興奮を抑え血流の改善を助けます。血流の改善によって本来人間にある自然治癒力を高め、その結果、数回の注射で痛みが再発しない人もいます。3回程度の注射で効果が望まれないケースでは、注射は継続されないケースが多いようです。

ブロック注射のリスク

1 ブロック注射は、身体の深い箇所に薬液を注入します。手術と似たような扱いと言う方もいらっしゃいます。手術と似たような行為ですので他の病気や感染症などに繋がるリスクは少なからずあるようです。ですからブロック注射を打つ場合は、打つ人の技量によって変わるわけです。「安全に慎重に丁寧に経験値の高い先生に」打って頂くのが一番ですね。

2 ブロック注射は痛みのある箇所に直接太い針を深くまでいれていきます。そのため激しい痛みを伴いながら注射をうける方もいます。ブロック注射の痛みを抑えるために麻酔を打つ人もいる程です。

効果がでない方

1 動けると錯覚して同じ動作を繰り返してしまう場合 

2  注射した場所は原因でなく結果として痛みが出ている場合

3 ブロック注射を打つ人の技術が低い場合

注射の効果を感じられなかった方たちはなぜ痛みが出たのか、なぜ血流が悪くなったのかを専門家に相談することをおすすめします。

椎間板ヘルニアにブロック注射って効くの?

当院にも整形外科で腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けブロック注射をうけてこられる患者さんがいます。患者さんによっては効果あったと言う方もいれば、変わらないという方もいます。効果は多少なりとも効果を感じられる人の方が多いのではないでしょうか。注射の種類によっても効果は変わりますし、患者さんの状態によっても違います。例えばL4L5間でのヘルニアがその痛みの本当の原因の場合、上記に記載した神経根ブロックをうてば症状は改善される可能性が高いかもしれませんし、注射で原因の確認にもなるかもしれません。ただ最近の腰痛は85%は原因がわからないとされています。椎間板、筋肉、骨、生活習慣、環境などこれ以外にも腰痛の原因はあります。状態を見て専門家に注射の必要性を判断してもらうのが一番です。また、効果がない場合は我々手技療法家にご相談下さい。おそらく腰やヘルニアではない箇所に原因があると考えた方が良いでしょう。

【参考】腰椎椎間板ヘルニアとは?

【参考】坐骨神経痛とは?

【参考】ぎっくり腰とは?

まとめ

ブロック注射が一概に良いとも悪いとも言えません。メリットもデメリットもあります。動けない、我慢できないほどの痛みを抱えている場合は、注射を打つことも選択肢の一つです。ただやみくもに注射を打ち続けるのは避けたいところです。痛みが強い時ほどブロック注射で痛みを緩和しながら、根本的な治療をしたり普段の姿勢、生活習慣を気をつける事が大事です。何度も注射しても変わらない、その場は楽になるがまた痛みが再発してしまうなどありましたら一度当院にご相談下さい。

【参考】腰痛・神経痛での症例と口コミはコチラ