注射を打っていたけれど治らない・・・

腱鞘炎治療の口コミ

当院
これまで何件程の病院や整骨院にいかれましたか?

YMさん
1件

当院
いつ頃からの痛みで、どんな治療を受けてこられましたか?

YMさん
1年半位前からけんしょう炎で強い痛み

当院
当院と他の治療との違いを教えてください

YMさん
整形外科では注射をして改善されなければ手術と言われました。

当院
当院の治療を受けるようになってどのように良くなっていきましたか?

YMさん
4回目の治療以降日常生活での痛みがほとんどなくなり、楽に生活ができるようになりました。

当院
同じ症状でお悩みの方で受診を迷われている方へ一言お願いいたします。

YMさん
話しをよく聞いていただいて注射をしないと治らなかった痛みをていねいな診療で改善していただけるのでおすすめです。

※あくまで個人の感想であり、皆様に同じ効果が出るわけではありません。

なかなか治りづらい腱鞘炎

腱鞘炎を長期に患っている方は多いのではないでしょうか?それもそのはずやはり手を指を酷使している方が腱鞘炎になるケースが殆どです。また、腱鞘炎になりやすい方として、出産後のお母様が多いです。これは、ホルモンバランスの変化と赤ちゃんを抱っこする姿勢に問題があります。その他、なりやすいご職業を挙げると

  • タイピスト(PC作業)
  • ピアニスト
  • 美容師さん
  • セラピスト(マッサージなど)
  • 芸術家

などなどが挙げられます。

【参考】腱鞘炎の症状・原因・治療・予防解説

今回の原因

Yさんの原因としては、お子さまの髪を切ったり髪を洗ったりする動作を日常的に行っていたのがきっかけだそうです。約1年前に整形外科で注射を打ち、3か月程度は効果があったそうですが、2回目の注射では効果がみられずそのまま放置していたそうですが痛みが日に日に強くなり、注射では根本的に治らないのかな?ということで今回来院されました。

腱鞘炎の代表的検査

腱鞘炎検査

フィンケルシュタイン検査

腱鞘炎を疑う一般的な代表的な検査です。親指を握るようにし、更に手首を下方に下げていきます。この時に手首の部分に痛みを生じます。また、今回は手首だけでなく親指周囲の痛み(CM関節症)も生じていました。今、ご自身が腱鞘炎かもと思われている方は、検査を試されてみてください。

腱鞘炎は何故治りづらい?

腱鞘炎が治りづらいポイントはズバリ

  1. 使いすぎ:オーバーユース
  2. そもそも腱は、血管が乏しく改善が遅い

治りづらいポイントは、この2点です。恐らく痛めている方のほとんどがお仕事や日常生活で使わざるを得ない状況にいらっしゃる方です。使いすぎている環境を変えていかなければ改善はみられません。また、血管に乏しいという事は組織を改善するためには必ず必要な栄養素が送り届けられません。筋肉の方が治りが早いのはこの為です。

腱の癒着

腱鞘炎では、必ずといってよい程、癒着が起こっているそうです。腱鞘炎を患っていなくても手首、肘、肩などよく使用する部位では癒着が起こっているそうです。この癒着をリリースする事で早期改善するケースもございます。今回も皮膚と皮下の組織との癒着が見られましたのでセルフケアを含めて施術いたしました。

定電流治療器AAP

関東地方でこの治療器を置いているは当院のみです。あの世界トップの日本人テニスプレーヤーが所持している治療器です。これまでも数々の驚くべき治療効果を出しており、今回も治療器の効果が見られました。

定電流治療器AAPとは?

微弱電流(290μA)を使用し、血流・神経・筋肉を活性化させ本来持っている人間の自己回復能力を助け、細胞・筋肉を調整・回復・改善をさせます。さらに、この微弱電流によって損傷部位が修復され血行やリンパ液の流れもよくなります。

AAPは使用している微弱電流が人間の体内に流れている生体電流に近いからです。電流が流れる際の体内抵抗による音の違いで患部が検知できます。

細胞単位へのアプローチ

損傷部位では生体電流の乱れが発生します。又、損傷部位ではプラスとマイナスのイオンのバランスが崩れます。そこに微弱電流を通電することで損傷部位では細胞レベルまでの活性化を促進します。

造骨細胞へのアプローチ

正常な骨は体内の電流により再生されます。正常でない骨に対して微弱電流を通電することで、造骨細胞も活性化し、骨折・捻挫の回復を早めます。

人体と電気

車はガソリンにより動き、又、機械類が電気で動くのと同様に人体の身体は食物や水分を摂取して、それらを電気エネルギーに変換しています。人体の電気エネルギーと機械類の電気との違いは、人体は微弱電流を有効に使っているということです。この電流は心臓の鼓動を保ったり、胃の消化を促進したり、その他器官も同様にコントロールをしています。そして、筋肉や神経もこの微弱電流によってコントロールされています。細胞の活動に必要なエネルギーは、細胞内のATP(アデノシン三リン酸)が分解される時に発生するものが利用されます。この重要なATPを合成するのが細胞内にあるミトコンドリアです。微弱電流はミトコンドリアの電子伝達系を活性化して、ATPの合成を促進します。


※㈱豊和HPより

早期改善するのか?

皆さんが一番求めていらっしゃるのは、とにかく早く今ある痛みから解放されたい・・・だと思います。もちろん当院でもそのつもりで治療にあたりますが、やはり難治と言われている腱鞘炎です。腱鞘炎を必ず治せる治療家はこの世に存在しないとも思っています。しかし、今回の様にたった1年以上痛かった痛みが、4回で改善するケースもあるので、治療して診ないければわからないのです。そして、皆さんお身体の状態も異なります。受傷のレベルも違えば生活環境も違います。その中でも早期改善するケースもございますので長くお悩みであれば是非一度、ご相談下さい。