腰痛とお尻から足までの痺れ(ヘルニア・坐骨神経痛)の治療と口コミ


腰痛と坐骨神経痛/仙腸関節/痛みと痺れ

※あくまで個人の感想であり、皆様に同じ効果が出るという事ではございません

【参考】

腰椎椎間板ヘルニアとは?

座っていると痛い/前屈が出来ない/痛みと痺れ

来院時の症状

右の腰痛とお尻からふくらはぎにかけての痺れと痛みでした。前屈すると脊椎に湾曲が出現するくらい身体全体でかばって前屈をされており。20度くらいのところでお尻から足にかけて痺れと痛みが出現していました。

検査をしていくと、仙腸関節性の痛みと痺れと判断

仙腸関節性の腰痛

左右の仙腸関節を調整するとその場で前屈が可能になり痛みも消失したので仙腸関節性で間違いないと判断し、その他関連部位を施術。

その場で消失した痛みも説明した通り、少し戻りがあったようですが3日後にはほぼ痛みも痺れもなくなったとのことで安堵。

特別、施術が優れているわけではありません。しっかりと検査をして原因がわかれば、良い結果が生まれます。仙腸関節の調整は、少し勉強をしていれば誰でも出来るようなレベルの施術です。しかし仙腸関節の検査といってもたくさんの検査法がありますので判別に困惑することもありますので、これを分からずにただマッサージしているような院では改善がみられないどころか治りを遅くしてしまうかもしれません。

お尻から太ももへの痛み

仙腸関節はとても重要な関節

仙腸関節は、体重の60パーセントの荷重がかかるともいわれており、座り続けた状態はもちろん、飛んだり跳ねたりした際は、さらに何倍もの負荷がかかってしまいます。

【参考】

長時間立っていると起こりやすい腰痛

姿勢同様、仙腸関節にかかる負荷もなるべく左右均等になれば痛みの予防も出来そうですね。50:50とまではいかなくともこれに近づけるように左右のバランスが保てると理想的です。仙腸関節に歪が入ると地震が起きた時の壁に入る、ひび割れ(クラック)、地震で起きるひずみのように、お尻や腰、強いては足まで症状を来します。

仙腸関節のひずみをクラックと呼び、当院では、今回のような症状を「クラックシンドローム」と呼んでいます。

仙腸関節に少しでも歪が入ると上記のように身体にも神経痛を引き起こします。

先日も書かせていただきましたがここでもやはり姿勢を正すことの重要性が少しでもお伝えできれば幸いです。この患者さんも座ってお仕事をしている事がとても長く知らない間に仙腸関節に負荷がかかり続けていたのでしょう。

長時間のデスクワーク/長時間の立ち仕事

ご自身の知らない所で身体は、仙腸関節は悲鳴をあげているかもしれません。仙腸関節のメンテナンスだけでもぎっくり腰や神経痛の予防が出来ます。

時々、ご自身の身体を労りメンテナンスをするメンテナンスをし続ける事こそが、最悪の事態を免れることが出来るかもしれません。

⇒メンテナンスこそが最強の予防法

またこのような症状が1か月も2か月も続き症状の改善が見られない方は、1度仙腸関節もチェックしてみると良いでしょう。

⇒1か月間以上腰痛や坐骨神経痛で一向に改善しない方へ

⇒腰痛についてのその他口コミはこちら

 

腰痛をはじめ中々治らない症状。「どこへ行って良いかわからない・・・」

交通事故によるむち打ち・保険適用治療オスグッドテニス肘、 古傷などでお悩みの方は、是非、一度ご相談してください♪

なる.治療院 整骨院
denwa

045-534-8134

※ご予約のキャンセルについて
やむを得ない理由を除いて、予約時間の24時間前までにご連絡いただきますようお願い申し上げます。 当日の24時間以内のご連絡の際は、キャンセル料として施術料100%をいただく事がございますので、ご理解・ご協力をお願い申し上げます