大腿神経痛とは

大腿神経痛(だいたいしんけいつう)とは、みなさんも聞きなれない言葉かもしれません。坐骨神経痛の方がよく耳にする言葉だと思いますが、坐骨神経痛とは違い太ももの前側や太ももの外側(時には下腿まで)に痛みやしびれといった症状を訴えるのが特徴です。腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによって大腿神経痛が生じるというのが一般的な考えですが、筋肉の影響によって神経痛を生じているケースが多いと(大腿神経痛に限らず)日々の診療で感じています。この記事では一般的に言われている大腿神経痛に合わせて、当院の考えも+α合わせてご紹介致します。

【参考】

太ももの前側の痛み:大腿神経

大腿神経とは、腰神経叢という神経の束からでるものの一つです。(※右の図の青色の神経が大腿神経です。)大腿神経は腰神経叢の中で一番太い神経で、大腰筋と腸骨筋の間を通ります。太ももの前側と下腿の内側の感覚、筋肉では大腿四頭筋、腸腰筋、縫工筋、恥骨筋という4つの筋肉を支配してしており、大腿神経に障害がおこると支配している部分に何らかの支障(痛みやだるさなど)をおこします。大腿神経は腸腰筋を貫通していると言われています。大腿神経は腸腰筋の影響をかなり受けそうです。

太ももの外側の痛み:外側大腿皮神経

外側大腿皮神経とは、大腿神経と同じで腰神経叢からでる神経です(※右の図の青色の神経が外側大腿皮神経です)。大腿の外側の感覚を支配しており、運動神経(筋肉など)は支配していないので、外側大腿皮神経が何らかの形で障害されても、感覚障害はおこりますが運動障害はおこりません。この外側大腿皮神経が障害されると、大腿の外側の痛みやしびれを誘発することが多いです。

原因

一般的には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって、神経が圧迫されることで神経症状や痛みが生じているとされています。しかし、画像上(MRIやCTなど)ヘルニアの所見がみられた場合でも症状を呈していない人も数多くいらっしゃいます。まずは神経痛などの患者さんが来られた場合、ヘルニアなどによるものなのか。内科的要素のものなのか。それとも筋肉など(手技療法で対応できる症状)によるものなのかの鑑別が非常に重要になります。

大腿神経痛の場合、筋肉による影響で多いのが腸腰筋の過緊張です。大腿神経は腸腰筋を貫通しているので、腸腰筋が短縮すると大腿神経は圧迫をうけ大腿の前側に症状を呈します。

また、大腿外側皮神経は縫工筋という筋肉の影響をうけることが多いです。大腿外側皮神経は縫工筋と鼠経靭帯の間を走行しています。縫工筋が過緊張することで大腿外側皮神経の通り道である縫工筋と鼠経靭帯の間が狭くなります。この影響で太ももの外側に症状を呈することが多いです。

日常生活・仕事が原因になることも

腸腰筋や縫工筋など筋肉の影響で症状を呈している方が多いというのは、お伝えしました。それでは、なぜこの筋肉が過緊張するのでしょうか。現代社会においてデスクワークや長距離の運転など、長時間座ったまま、お仕事されている方が大変多い時代です。座っている姿勢をご覧ください。股関節を屈曲した状態(太ももとお腹が近い状態)だと思います。この状態だとお腹や股関節周囲の前側の筋肉が縮んでいる状態です。この座っている姿勢が長時間続くと、前側の筋肉が縮んだ状態で伸びにくくなります。ケアもせずに何時間も何日間も続くと、腸腰筋などの身体の前側の筋肉が過緊張をおこし、痛みやしびれなどの症状につながります。仕事中やご自宅でのセルフケアやメンテナンスはとても大事になってくるわけです。

【参考】長時間同じ姿勢でいるリスク

症状

❶ 大腿神経痛の場合

大腿神経の支配している大腿前面や下腿に痛みやしびれが主な症状です。患者さんの訴えとして多いのが「太ももの前がじわっとだるい(重い)感じがする」と言った声を初期症状では聞くことが多いです。坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなどとの鑑別が非常に大事になってきます。

  • 太ももの前側や下腿の内側に痛みやしびれ、感覚低下
  • 筋力の低下(大腿四頭筋が多い)
  • 膝を伸ばしにくい
  • 階段昇降が辛い など

❷ 外側大腿皮神経痛の場合

  • 太ももの外側の痛みやしびれ
  • 皮膚の感覚低下(触られた感覚が鈍いなど)
  • 痛みやしびれはあるが、運動障害はみられない
  • 椅子に座る動作や立ち上がり動作で痛みが生じる事が多い など

大腿神経痛の検査

医療機関での一般的な検査はレントゲンやMRIです。※画像と症状が必ずしも一致するとは限りません

徒手的な検査ではFNSテストという大腿神経を伸長させる検査法があります。大腿神経の神経根(神経の根本)に異常がある場合、大腿部の前側にいたみを訴えます。

FNSテスト:患者さんはうつぶせになります。膝を90°曲げた状態で股関節を伸展(太ももを床から持ち上げる動作)します。その際、大腿部の前面に痛みを訴えたら陽性です。

鑑別疾患

鑑別疾患とは、区別(鑑別)をつけなければいけない似たような特徴をもつ別の疾患のことです。

患者さんが「坐骨神経痛で…」と訴えるケースは多いのですが、問診や検査をすると外側大腿皮神経痛や大腿神経痛だったことは少なからずあります。それほど,坐骨神経痛の認知度が高く、この2つの外側大腿皮神経痛と大腿神経痛の認知度は低い事がわかります。施術者側も安易に坐骨神経痛と考えず、見たもの、聞いたものから判断していく事が非常に大切ですね。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、主におしり、太ももの後面、すねに症状を呈するのに対して、大腿神経痛は太ももの前面や下腿の内側に症状を呈します。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎と外側大腿皮神経は症状が似たような所に生じます。基本的には症状の訴え方に違いがあると思いますが(外側大腿皮神経痛だと「ビリビリする」「しびれるような感じ」と訴えるケース)、太ももの外側が痛いとの訴えだと判別がつきません。検査が非常に大切になりますので注意が必要ですね。

(腸脛靭帯炎だと圧痛や運動痛や伸張痛など、外側大腿皮神経痛だと腰の動きで症状の増減はあるかの確認や感覚・筋力低下などで判断します)

ぎっくり腰からの大腿神経痛

いわゆるぎっくり腰・急性腰部捻挫を患うと大腿神経痛症状を呈する事はよくあります。何となく股関節周りや鼠径部周辺が痛いケースでは、放置していると神経痛の範囲が広がってしまうケースもありますので要注意が必要ですので早めに治療しましょう。

一般的な治療(医療機関での治療)

投薬療法

飲み薬や湿布が必要な場合もありますが、長期の使用はリスクもありますので注意が必要です。副作用など薬によって違いますので、お医者さんによく伺ってください。

【参考】

物理療法

腰椎牽引、電気療法(干渉波など)、マイクロ波など

ブロック注射

ブロック注射には実は種類があります。(くわしくは【参考】をご覧ください)注射も必要な場合もありますが、根本的な解決にはつながらないケースもございますので、長期的に注射をうたれて症状が戻ってしまう方はセカンドオピニオンも考えた方がよろしかと思います。

【参考】ブロック注射って効果あるの!?

当院の治療

当院は椎間板ヘルニアの画像所見と症状は一致するのか。筋肉の影響での症状なのか?を最初に問診、検査させてもらって判断してから、治療に入らせていただいてます。

【評価が最重要】

  1. 姿勢の評価と施術
  2. 筋肉・関節の評価と施術
  3. トリガーポイントの評価と施術
  4. 交感神経の評価と施術

主にこの4点をしっかりと施術して改善が見られない際は、医療機関や整形外科での精密検査をおすすめします。当院でも尊敬するDC(ドクターカイロ:欧米では医師と同じ)また慢性痛をしっかり診てくれるお医者さんもまずは、この筋肉による原因が90%だとおっしゃっています。筋肉といってもただマッサージすれば良いという事ではありません。治療とマッサージでは、中身が全く違うので皆さんも勘違いしないでくださいね。また、ぎっくり腰では、仙腸関節・腰仙関節・椎間関節の評価も大事です。関節の機能異常(ロッキング)が問題で過緊張を引き起こしているケースは否定できません。

1.2 姿勢不良による筋肉・関節への影響

まずは、なんと言っても日頃の姿勢でしょう。筋肉と言っても腰を診るだけではありません。首に原因がある場合もあれば、お腹・太ももに原因があるかもしれません。慢性的な症状であれば、骨盤の歪みや頭蓋骨の歪みにより、呼吸がしっかり出来ていないかもしれません。呼吸を改善することは、慢性的な症状の方にはとても重要です。呼吸の改善なくして改善はしないかもしれないくらいです。かつて、野口英世先生も『すべての病は、酸素不足』と遠い昔から唱えています。酸素がしっかり吸えていなければ全身に血液がしっかりと十分に行きわたらないと思って下さい。当院では、身体のバランスをしっかりとチェックし筋肉と関節の不具合による影響を探していきます。治療方法は、姿勢の不良は、KYテクニック。関節による影響は、カイロプラクティック。また内臓・頭蓋骨調整・トリガーポイント治療が主になってきます。

【参考】姿勢を正す本当の理由

3 トリガーポイント(筋肉の評価)

小殿筋トリガーポイント

トリガーポイントとは、圧に対する感度が局所的に高い、過刺激性のポイントで、身体の他の部位に症状(通常は疼痛)を引き起こします。トリガーポイントは、筋肉、筋膜、骨膜、靭帯、皮膚などの身体の軟部組織に存在することが多いと言われています。一般的には、潜在性と活動性のトリガーポイントに分類され、潜在性は、圧迫されない限り局所的な痛みや関連痛を引き起こさないのに対し、活動性トリガーポイントは圧迫されなくても局所的な痛みや関連痛を引き起こします。どこも痛くなくても潜在性トリガーポイントがある場合が殆どですので活動性に変わらない様に日常的に身体のケアをしていく事をお勧めします。

お身体の痛みにトリガーポイントの評価は欠かせません。

4 交感神経の評価と施術

長く患てっいる、痛みや痺れに悩まされている事によってもストレスとなり自律神経が乱れてしまいます。自律神経の調整をするだけでも身体の反応は変化してきます。

当院で行う治療方法

上記の評価をもとに施術をしていきます。その評価があって様々な手技療法が生きてきます。適切な場所に適切な刺激を送る。これがシンプルに一番の治療法ですが、適切な場所へ適切な刺激が一番難しいところでもあります。

  1. 手技療法:これが一番のメインとなります。『痛いところに原因はない』痛い部位は、症状であって原因ではありません。当院では、筋膜リリース・仙腸関節療法・トリガーポイント・カイロプラクティック・KYテクニックその他の治療法をその症状に合わせて施術してきます。
  2. 電気療法:関東には当院にしか存在しない(あの日本人テニスプレーヤーが所持)定電流治療器。日本人MLB選手やオリンピック選手も使用する立体動態波、超音波治療器、高電圧治療器を使用します。

数ある治療法を学んできましたし、学び続けている中で一人一人に最良なものを選んで施術いたします。

① カイロとは?

カイロプラクティック(Chiropractic)の「Chiro」は手を、「Practic」は技を意味するギリシャ語を発祥とするように、主に手を用い、主に頸椎~背骨~仙腸関節を矯正することにより身体の不調を改善する手技療法です。
※本来、人間には必ず自己治癒能力が備わっています。

現代の食生活、日常の姿勢から背骨の歪み、神経の不活性化がおき、自己治癒能力が低下しがちです。それを高めてくれるのが、カイロプラクティックによる関節への治療です。

② 仙腸関節療法とは?

ぎっくり腰の場合、仙腸関節と腰仙関節(腰椎5番と仙骨)、椎間関節の評価と治療は欠かせません。当院ではカイロプラクティックと独自の仙腸関節(※)調整の良いところを取り入れて患者さんに合った治療方法を選択していきます。

※仙腸関節は、不動の関節と言われておりましたが、実は2~3mm程動く関節であり、非常に繊細かつ身体への影響力は、非常に大きい身体の土台を支えている重要な関節です。 左右の関節の機能異常、ロッキングなどにより様々な不調をきたし、この関節を治療することで関所が開くように血液の流れにも大きな影響を及ぼします。腰痛、神経痛だけでなく、手足のむくみやお腹の張り、首の痛み動きなどにも効果があり、まだまだ解明されていないこともたくさんありますが、魅惑の関節といえるでしょう。

様々な痛みを長く患い、改善されない方は、AKA骨盤調整・カイロを受けてみると何か改善が見られるかもしれません。

③ KEN YAMAMOTO テクニックとは?

KEN YAMAMOTO テクニックは、医学の先進国である欧米では、医師たちにも認められている「解剖学・運動学的に根拠のある」治療法です。「肩がこるから肩を治療・揉むのではなく」解剖学的にその原因となる箇所を治療していきます。今後日本でも医師たちに認められる日もそう遠くない。そう思っています

④ 筋膜リリース

【参考】筋膜リリースとは?こちらをご覧ください。

⑤ トリガーポイント

上記に記載してありますように痛みにトリガーポイントの評価と施術は欠かせません。

※当院HPより引用

 

腰痛、坐骨神経痛、ヘルニアなどお困りの方は【横浜駅徒歩12分・なる.整骨院】へご相談ください。